セラミックラミネートベニア セラミックラミネートベニア
TOP > 審美治療の種類 > ラミネートベニア

ラミネートベニア

歯の色や形を素早く改善

 「ラミネートベニア」はホワイトニングでは白くならない前歯の変色を、短い時間で白く美しい歯にする治療方法です。爪に付けるネイルチップのように、薄いセラミックの板(セラミック・シェル)を歯の表面に貼り付けていきます。「貼り付ける」と聞くと、剥がれてしまわないか不安になりますが、近年ではセラミックの板の強度が上がり、接着剤の能力も改善されており、患者さまのご希望やお悩みによっては有効な選択肢のひとつです。

ラミネートベニアとは?

セラミックの薄い板を歯に貼り付ける治療方法です。

 それでは、ラミネートベニアとは具体的にどのように治療していくのかご説明していきましょう。
 「ラミネートベニア」の「ベニア」は薄い板材のことを指しますが、それが表すように、治療にはセラミックの薄い板を使用していきます。歯に合うように作製されたセラミックの板は、薄く、繊細な貝殻のように見え、セラミック・シェルと呼ばれます。

 このセラミック・シェルをそのまま歯につけたのでは、歯が厚くなってしまいます。それを避けるため、セラミック・シェルをつける前に患者さま自身の歯を削ります。削る量はごくわずかで、エナメル質部分の0.3〜0.5mm程度ですので、痛みなどのトラブルはありません。
 セラミック・シェルは患者さまの歯に合うように作製される上、強固な接着剤(レジン)で化学的に貼り付けるので見た目の違和感や脱落の心配はございません。

ラミネートベニアの適応範囲

歯の色を改善

 歯の色が濃いオレンジ色や灰色に見え、色素沈着が強い場合ホワイトニングではなかなか思うような白さが出せません。ラミネートベニアであれば、比較的簡単に歯を白く美しくすることができます。

前歯の隙間をなくす(すきっ歯)

 前歯と前歯の間に隙間がある、歯が小さく歯と歯の間に少しずつ隙間がある。いわゆる「すきっ歯」のお悩みにもラミネートベニアは対応できます。貼り付けるセラミック・シェルにより歯を少し大きくすることで隙間をなくしていきます。

歯の形を整える

 歯の形が悪い、歯の大きさが不揃いで見栄えが悪いといった場合もラミネートベニアで希望に合わせた歯の形に変え、見た目を整えることができます。ただし、噛み合わせに問題がなく、歯並びも良好である場合に限ります。

ラミネートベニアのメリットとは?


治療期間が短い

 歯の色を改善する場合や、前歯の隙間(すきっ歯)を治す場合、それぞれ他の方法(ホワイトニングや矯正治療)より短時間で希望の口元にすることができます。さらに池袋駅前歯科・矯正歯科ではデジタル設備を導入することで、より速く治療を行えるようになりました。


自分の歯を多く残せる

 クラウンを設置するためには、患者さま自身の歯を大きく削る必要がありますが、ラミネートベニアは歯の表面をごく薄く(エナメル質範囲内の0.3〜0.5mm程度)削るだけで治療が可能です。健康な歯を残したまま見た目を良くすることができるのがラミネートベニアです。


歯の凸凹や隙間にも対応

 歯の色を整えるだけでなく、歯の表面のでこぼこや、前歯の気になる隙間を治すことができるのもラミネートベニアの特徴です。ただし、あまりにも大きな隙間の場合にはラミネートベニアでは対応できません。まずは、ドクターにご相談ください。


好みの白さを自然に再現

 ホワイトニングでは好みの白さを実現するまでに数回かかることがあります。また白さを保つために定期的なホワイトニングが必要です。ラミネートベニアでは、セラミックの薄い板を使用し、希望の色を実現できるだけでなく透明感のある自然な仕上がりとなります。セラミックは劣化がほとんどないので前歯を美しく保つことができます。

「ラミネートベニア」治療の流れ

池袋駅前歯科・矯正歯科の
デジタル精密審美

カウンセリング

 ラミネートベニアで治療が可能なお悩みには他の治療方法もありますので、患者さまのご希望と診察によってベストな方法を決めます。

色調の確認

 歯の色見本を参考にご希望を伺いながら患者さまに合う色調を選びます。

歯の形成・型取り

 ラミネートシェルを貼り付けるため、歯の表面をわずかに削っていきます。その後、セラミック・シェルを作製するための型取りを行います。池袋駅前歯科・矯正歯科では3D光学カメラによるデジタルスキャニングシステムを導入。歯の表面のカーブや凹凸などを「短時間」で「正確」にデジタルデータ化します。

3D光学カメラによるスキャン

 以前は手作業により歯の型取りを行っていましたが、3D光学カメラを使用することで、お口の中を直接スキャン。わずかな時間で患部が3Dデータとして取得されます。
 スキャンされたデータはそのままデジタルデータとしてコンピュータ上で扱うことができ、詰め物や被せ物などの修復物をすぐに設計することができます。

設計データを元に機械が削り出し

 池袋駅前歯科・矯正歯科では、デジタルデータを元にセラミック素材の削り出しを行うミリングマシンという機械を導入しています。機械が削り出すことで、手作業による誤差をなくし精密な詰め物を作り上げます。

セラミック・シェルの作製

 池袋駅前歯科・矯正歯科では、院内で修復物を作製。取得したデジタルデータを元に「ミリングマシン」と呼ばれる機械がセラミックを自動的に削り出します。

セラミック・シェルの接着

 機械で削り出したセラミックの薄い板(セラミックシェル)を接着剤で貼り付けます。接着剤を硬化させたのち、セラミック周辺を磨いて周囲の歯になじませ完成です。定期的なメンテナンスを行うことで、より長く美しい歯を保つことができます。

 池袋駅前歯科・矯正歯科は矯正治療と審美治療の専門クリニックです。当院では歯の健康と美しさはお互いに補完しあうものだという考えのもと、患者さまに寄り添い、ベストな治療方法を追求します。お口のことのお悩みはまずカウンセリングでご相談ください。

お問い合わせはこちら

グループクリニックのご紹介

渋谷矯正歯科 渋谷矯正歯科グループマウスピース矯正システム 横浜駅前歯科・矯正歯科 新宿矯正歯科 博多矯正歯科